2021筑波セミナーに参加

カテゴリ:お知らせ 

2021年7月11日

7月8-9日にオンラインで行われたプラズマ分光分析研究会 2021筑波セミナー(http://plasma-dg.jp/seminar/21tsukuba/program21.html)に当研究室の大学院生が参加し,5件のポスター発表を行いました。

 

・加藤雅子「ETV誘電体バリア放電発光分析法(DBD-OES)による頭髪中臭素の化学形態別分析手法の開発」

 

・亀本雄基「HPLC-ICP-MSによる河川水中Gd錯体(MRI造影剤)の溶存挙動の解析」

 

・上岡涼太「HPLC-ICP-MSを用いた頭髪中臭素および臭素化合物のスペシエーション分析手法の開発」

 

・河根怜央奈「純水系溶媒を用いた河川水中Gdの化学形態別分析手法の開発」

 

・Uli Benyamin Sitompul 「Development of Simultaneous Speciation Method of Mercury, Arsenic, and Selenium Using HPLC-ICP MS in Matsutake Mushroom」

 

 

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.