論文掲載・表紙に採択

カテゴリ:お知らせ 

2020年11月27日

面性不斉[2.2]パラシクロファンによる軸性不斉制御に関する論文が Chemsitry A European Journal 誌に掲載されました。面性不斉により軸性不斉を制御してプロペラキラリティを発現し、温度によって円偏光発光の巻き方向が逆転します。本論文が内表紙に採択されました。

本論文は近畿大学今井喜胤先生との共同研究成果です。

“Control of Axial Chirality by Planar Chirality Based on Optically Active [2.2]Paracyclophane”

Namba, G.; Mimura, Y.; Imai, Y.; Inoue; R.; Morisaki, Y. Chem. Eur. J. 2020, 26(65), 14871-14877.

DOI: 10.1002/chem.202003188

150-2

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.