論文掲載

カテゴリ:お知らせ 

2017年1月4日

キラルリン原子を骨格に有する光学活性大環状化合物に関する論文が Heteroatom Chemistry 誌に掲載されました。

“Synthesis of P-stereogenic macrocycles”

Kato, R.; Fukuyama, M.; Morisaki, Y.; Chujo Y. Heteroatom Chem. 2017, 28(1), e21354.

DOI: 10.1002/hc.21354

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.