論文掲載・表紙に採択

カテゴリ:お知らせ 

2019年5月1日

面性不斉[2.2]パラシクロファンを基盤とする円偏光発光性分子の合成と発光シグナル制御に関する論文が Chemsitry An Asian Journal 誌に掲載されました。π電子系の積層位置を制御することで、円偏光発光の巻き方向を制御できます。本論文が表紙に採択されました。

本論文は新学術領域研究「π造形」助成金による、京都大学生越教授と長田助教との共同研究成果です。

“Control of Circularly Polarized Luminescence by Orientation of Stacked π-Electron Systems”

Kikuchi, K.; Nakamura, J.; Nagata, Y.; Tsuchida, H.; Kakuta, T.; Ogoshi, T.; Morisaki, Y. Chem. Asian J. 2019, 14(10), 1681-1685.

DOI: 10.1002/asia.201801741

148-2

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.