論文掲載

カテゴリ:お知らせ 

2020年12月21日

面性不斉[2.2]パラシクロファンを用いた新規光学活性白金錯体の合成と物性に関する論文が Chemical Communications 誌に掲載されました。合成した錯体は円偏光リン光を発し、そのメカニズムを理論的に解明しました。

“Experimental and Theoretical Studies on Circularly Polarized Phosphorescence of [2.2]Paracyclophane-based Platinum(II) Complex”

Inoue; R.; Kondo, R.; Morisaki, Y. Chem. Commun. 2020, 56(98), 15438-15441.

DOI: 10.1039/D0CC06205G

153

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.