研究業績

口頭・ポスター発表はこちらからも →
招待・依頼講演はこちらからも →

論文・総説・著書(2010~)

【2018】

  1. Wataru Minoshima, Ryuya Ito, Takayuki Takiyama, Tatsuya Kameyama, Tsukasa Torimoto, Keiko Tawa*, “Photoluminescence characterization of ZnS-AgInS2 (ZAIS) nanoparticles adsorbed on plasmonic chip studied with fluorescence microscopy” J. Photochem. Photobiolo. A:Chemistry, 367, 347-354 (2018).

    https://doi.org/10.1016/j.jphotochem.2018.08.032

  2. 田和圭子,「総説: ―小特集 プラズモニック材料の基礎と最新展開(Ⅱ)― 格子結合型プラズモン増強蛍光を利用したバイオセンシングとバイオイメージング」, 色材協会会誌4月号, J. Jpn. Soc. Colour Mater., 91(4), 1-5 (2018).
  3. Taiga Kadoyama, Ryo Nishimura, Mana Toma, Kingo Uchida, Keiko Tawa*, “Study on the Mechanism of Diarylethene Crystal Growth by In Situ Microscopy and the Crystal Growth Controlled by an Aluminum Plasmonic Chip”, Langmuir, 34, 4217−4223 (2018). DOI: 10.1021/acs.langmuir.8b00200
  4. Keiko Tawa*, Taiga Kadoyama, Ryo Nishimura, Mana Toma, Kingo Uchida, “In Situ Optical and Spectroscopic Imaging of Photochromic Cyclization and Crystallization of a Diarylethene Film with Optical Microscopy” J. Photochem. Photobiolo. A:Chemistry, 356, 397-402 (2018).  https://doi.org/10.1016/j.jphotochem.2018.01.022

【2017】

  1. 田和圭子「解説:プラズモン増強蛍光分光法の基礎と高感度細胞観察」光学 12月号 46, 478 – 482 (2017).
  2. Shota Izumi, Naoko Hayashi, Shohei Yamamura, Mana Toma, and Keiko Tawa*, “Dual-color Fluorescence Imaging of EpCAM and EGFR in Breast Cancer Cells with a Bull’s Eye-type Plasmonic Chip”, Sensors, 17, 2942 (2017).  doi:10.3390/s17122942.
  3. Mana Toma, Shota Izumi, and Keiko Tawa* ”Rapid and sensitive detection of a tumor marker, neuron specific enolase with a plasmonic chip functionalized by bioinspired polydopamine coating,” Analyst, 143, 858 (2018). DOI: 10.1039/c7an01577a
  4. 田和圭子「解説:プラズモニックチップのバイオ分野への応用」 応用物理 11月号  86, 944-949 (2017).
  5. Mana Toma and Keiko Tawa*, “Thickness dependence of polydopamine thin films on the detection sensitivity of surface plasmon enhanced fluorescence biosensors” Jpn. J. Appl. Phys.   57, 03EK01 (2018).     https://doi.org/10.7567/JJAP.57.03EK01
  6. Keiko Tawa *, Takuya Nakayama, and Kenji Kintaka, “Optimal Structure of a Plasmonic Chip for the Sensitive Bio-detection with the Grating-coupled Surface Plasmon-field Enhanced Fluorescence (GC-SPF)”, Materials, Special Issue “Advance in Plasmonics and Metamaterials”, 10(9), 1063 (2017).   10.3390/ma10091063
  7. Mutsuo Tanaka*, Takahiro Sawaguchi, Yoshiki Hirata, Osamu Niwa, Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, and Koji Kuraoka、”Properties of Modified Surface for Biosensing Interface”, Journal of Colloid and Interface Science, 497, 309-316 (2017).  doi.org/10.1016/j.jcis.2017.02.070
  8. Keiko Tawa*, Shota Izumi, Chisato Sasakawa, Chie Hosokawa, and Mana Toma, “Enhanced Fluorescence Microscopy with the Bull’s Eye-Plasmonic Chip”, Optics Express, 25(9), 10622-10631 (2017).   doi.org/10.1364/OE.25.010622

【2016】

  1. Keiko Tawa*, Masashi Sumiya, Mana Toma, Chisato Sasakawa, Takuma Sujino, Tatsuki Miyaki, Hikaru Nakazawa, and Mitsuo Umetsu, “Interleukin-6 Detection with a Plasmonic Chip”,  Journal of Molecular and Engineering Materials, 4, 1640009 (2016).  DOI: 10.1142/S2251237316400098
  2. Keiko Tawa*, Shohei Yamamura, Chisato Sasakawa, Izumi Shibata, and Masatoshi Kataoka, “Sensitive Detection of Cell Surface Membrane Proteins in Living Breast Cancer Cells by Using Multicolor Fluorescence Microscopy with a Plasmonic Chip”, ACS Appl. Mater. & Interfaces, 8 (44), 29893–29898 (2016).   DOI: 10.1021/acsami.6b07777
  3. Mana Toma and Keiko Tawa* “Polydopamine Thin Films as Protein Linker Layer for Sensitive Detection of Interleukin-6 by Surface Plasmon Enhanced Fluorescence Spectroscopy”,  ACS Appl. Mater. & Interfaces, 8(34), 22032–22038(2016).   DOI: 10.1021/acsami.6b06917
  4. Kohei Miyauchi, Keiko Tawa, Suguru N. Kudoh, Takahisa Taguchi, and Chie Hosokawa*, “Surface plasmon-enhanced optical trapping of cell surface molecules on neurons cultured onto a plasmonic chip,” Jpn. J. Appl. Phys., 55, 06GN04, (2016). doi.org/10.7567/JJAP.55.06GN04

【2015】

  1. Ryo Matsuura, Keiko Tawa, Yukiya Kitayama, Toshifumi Takeuchi*, “A Plasmonic Chip-Based Bio/Chemical Hybrid Sensing System for the Highly Sensitive Detection of C-Reactive Protein”, Chem. Commun., 52, 3883-3886 (2016). DOI: 10.1039/c5cc07868g
  2. Keiko Tawa*, Chisato Sasakawa, Tsuyoshi Fujita, Kazuyuki Kiyosue, Chie Hosokawa, Junji Nishii, Makoto Oike, and Norihiro Kakinuma, “Fluorescence Microscopic Imaging of Cells with a Plasmonic Dish Integrally Molded”, Japanese Journal of Applied Physics, 55, 03DF12, (2016).
  3. Keiko Tawa*, Fusanori Kondo, Chisato Sasakawa, Kousuke Nagae, Yukito Nakamura, Akitoshi Nozaki, Takatoshi Kaya, “Sensitive Detection of a Tumor Marker, α‑Fetoprotein, with a Sandwich Assay on a Plasmonic Chip,” Analytical Chemistry, 87(7), 3871–3876 (2015).

【2014】

  1. Keiko Tawa*, Chikara Yasui, Chie Hosokawa, Hiroyuki Aota and Junji Nishii, ”In Situ Sensitive Fluorescence Imaging of Neurons Cultured on a Plasmonic Dish Using Fluorescence Microscopy”, ACS Appl. Mater. & Interfaces, 6 (22), 20010–20015 (2014).
  2. Mari Satoh, Keiko Tawa*, Koichi Uegaki, Tomoko Hara, Mitsuo Umetsu, Hikaru Nakazawa, Makoto Itakura, Masami Takahashi, Hiroyuki Aota, and Masami Kojima, “Detection of Brain-Derived Neurotrophic Factor (BDNF) with a Sandwich Assay on a Plasmonic Chip”, Transaction of the Material Research Society of Japan, 39[3], 361-364 (2014).
  3. Masahiro Tsuneyasu, Chisato Sasakawa, Nahoko Naruishi, Yoshihide Tanaka, Yasukazu Yoshida, Keiko Tawa*,Sensitive detection of interleukin-6 (IL-6) on a plasmonic chip by grating-coupled surface-plasmon-field-enhanced fluorescence imaging”, Japanese Journal of Applied Physics, 53, 06JL05 (2014).
  4. 田和圭子「プラズモニックチップを用いた生体分子の高感度検出」 第204回有機エレクトロニクス材料研究会 9-14(2014)

【2013】

  1. Keiko Tawa*, Mitsuo Umetsu, Hikaru Nakazawa, Takamitsu Hattori, and Izumi Kumagai “Application of 300× Enhanced Fluorescence on a Plasmonic Chip Modified with a Bispecific Antibody to a Sensitive Immunosensor”, ACS Appl. Mater. Interfaces, 5 (17), 8628–8632 (2013).
  2. Keiko Tawa*, Mari Satoh, Koichi Uegaki, Tomoko Hara, Masami Kojima, Hiroyuki Aota, Yoshiki Yokota, Takahiko Nakaoki, Mitsuo Umetsu, Hikaru Nakazawa, Izumi Kumagai, “Rapid and sensitive detection of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) with a plasmonic chip” Jap. J. Appl. Phys., 52(6), 06GK01 1 -5 (2013).
  3. T. Shibata, H. Ikeda, H. Nishiyama, K. Tawa, J. Nishii*, “Optimization of Metal Quality for Grating Coupled Surface Plasmon Resonance”, Procedia, 48, 179-183, (2013).
  4. 田和圭子「プラズモニックチップを用いた高感度バイオセンシングとバイオイメージング」応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌24 巻 2 号 125~128 (2013).
  5. 「プラズモンナノ材料開発の最前線と応用」(第II編 第7章 格子結合型表面プラズモン励起増強蛍光(GC-SPF)法を用いた生体分子検出)シーエムシー出版 (田和圭子 分担執筆)(2013).

【2012】

  1. Chikara Yasui, Keiko Tawa*, Chie Hosokawa, Junji Nishii, Hiroyuki Aota, and Akira Matsumoto, “Sensitive Fluorescence Microscopy of Neurons Cultured on a Plasmonic Chip”, Japanese Journal of Applied Physics, 51, 06FK10 (2012).
  2. Keiko Tawa*, Susumu Haruta, Tetsuo Okutsu, and Junji Nishii, “Photochemically Induced Crystallization of Proteins Accelerated on Two-Dimensional Gold Gratings,”Japanese Journal of Applied Physics,  51, 06FK09 (2012).
  3. Masaya Mitsuishi*, Shohei Morita, Tokuji Miyashita, Keiko Tawa, and Junji Nishii, “Spontaneous Emission Control of CdSe/ZnS Nanoparticle Monolayer in Polymer Nanosheet Waveguide Assembled on a One-Dimensional Silver Grating Surface”, Langmuir, 28, 2313-2317 (2012).

【2011】

  1. H. Ando*, Y. Ichikawa, K. Tawa and M. Tanaka, “XAFS study of the complex of an acetylacetonate-based ligand and copper ion” Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 71, 293-296 (2011).
  2. K. Tawa*, T. Hattori, M. Umetsu, and I. Kumagai, “Zinc Oxide-Coated Plasmonic Chip Modified with a Bispecific Antibody for Sensitive Detection of a Fluorescent Labeled-Antigen”, Analytical Chemistry, 83, 5944-5948 (2011).
  3. K. Tawa*, Y. Yokota, K. Kintaka, J. Nishii, and T. Nakaoki, “An application of a plasmonic chip with enhanced fluorescence to a simple biosensor with extended dynamic range” Sensors and Actuators B: Chemical, 157, 703-709 (2011).
  4. K. Tawa*, X.Q. Cui, K. Kintaka, J. Nishii, and K. Morigaki, “Sensitive bioimaging in microfluidic channels on the plasmonic substrate: Application of an enhanced fluorescence based on the reverse coupling mode” J. Photochem. Photobiol. A: Chem., 221, 261-267 (2011).

【2010】

  1. K. Tawa* and K. Morigaki*, “In-situ parallel imaging of micropatterned phospholipid membranes by surface plasmon microscopy and surface plasmon fluorescence microscopy” Colloids and Surfaces B:Biointerface, 81, 447-451 (2010).
  2. H. Hori, K. Tawa*, K. Kintaka, J. Nishii, and Y. Tatsu, “Surface Profile Dependence on the Grating-Coupled Surface Plasmon Enhanced Fluorescence” J. Appl. Phys,. 107, 114702 (2010).
  3. XQ. Cui, K. Tawa*, K. Kintaka, and J. Nishii “Enhanced Fluorescence Microscopic Imaging by Plasmonic Nanostructrues: From 1D Grating to 2D Nanohole Array” Adv. Funct. Mater. 20, 945-950 (2010).
  4. XQ. Cui, K. Tawa*, H. Hori, and J. Nishii “Tailored Plasmonic Gratings for Enhanced Fluorescence Detection and Microscopic Imaging” Adv. Funct. Mater. 20, 546-553 (2010).

 

招待・依頼講演(2010~)

  1. Keiko Tawa「Sensitive Bio-Detection with the Bull’s Eye-Plasmonic Chip」ISNM2018、山口大学(山口)2018/12/6-8.
  2. 田和圭子「プラズモニックチップを用いた増強蛍光バイオイメージング」応用物理学会秋季学術講演会、S14 ナノバイオ・ナノ医療に向かう技術イノベーション ~材料、デバイスから計測まで~シンポジウム、名古屋国際会議場(名古屋)2018/9/18-21.
  3. 田和圭子「プラズモニックチイムノセンサーと細胞イメージングへの応用」産総研所ナノ プロセ シング 施設 光・ナノ計測実践セミナーIII、産総研つくば中央(つくば),2018/6/19.
  4. Mana Toma, Keiko Tawa「ボトムアッププロセスを活用したプラズモニックバイオセンサの開発」、電気学会C部門 光・量子デバイス研究会 微細加工技術とバイオ・メディカル応用、イーグレひめじ(兵庫県)、2018年3月28日
  5. Keiko Tawa, “Application of a Plasmonic Chip to an Immunosensor and Fluorescence Bioimaging”, International Symposium on Nanomedicine 2017 (ISNM2017), Tohoku university (Sendai) 2017/12/13-15.
  6. Keiko Tawaプラズモニックチップによる高感度蛍光イメージング」、産総研バイオメディカル研究部門セミナー、産業技術総合研究所関西センター(大阪府池田市)、2017/11/24.
  7. Keiko Tawa「プラズモニックチップを用いた高感度バイオセンシングと細胞イメージング」分析化学討論会, 龍谷大学深草学舎(京都)2017/5.
  8. “Application of the Plasmonic Chip to Fluorescence Imaging and Photochemistry of a Diarylethene Film”, K. Tawa, 9th Asian and Oceanian Photochemistry Conference 2016 (APC2016), Nanyang Technological University (Singapore), 2016/12.
  9. “Sensitive Fluorescence Imaging of Cells with a Palsmonic Chip”, Keiko TAWA, 2015 KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics, Juju island (Korea), 2015/09
  10. K. Tawa 「プラズモニックチップを用いた高感度蛍光検出法のバイオイメージングとバイオセンシングへの応用」応用物理学会春季学術講演会 特別シンポジウム「応用物理分野で活躍する女性達 第3回 バイオエレクトロニクス編」(神奈川) 2015/3
  11. K. Tawa 「平成26年度大仁クラブ講演会」産総研関西センター(大阪) 2014/12
  12. K. Tawa「プラズモニックチップを用いた高感度イムノセンシングとバイオイメージング」分光学会関西支部講演会 (大阪電気通信大学、大阪) 2014/11
  13. K. Tawa「格子結合型プラズモン増強蛍光を利用したバイオセンシングとバイオイメージング」第7回プラズモニック化学シンポジウム (首都大秋葉原キャンパス、東京) 2014/11
  14. K. Tawa “プラズモニックチップを用いた生体分子の高感度検出” 第204回有機エレクトロニクス材料研究会 新宿NSビル(東京)2014/4
  15. K. Tawa “プラズモニックチップによる高感度イムノセンシング” 2014年応用物理学会春季講演会 青山学院大学淵野辺キャンパス(神奈川)2014/03
  16. Keiko TAWA, “Application of a Plasmonic chip to Sensitive Biosensors”, 15th Asian Chemical Congress (15ACC) 2013, Singapore, 2013/08
  17. Keiko Tawa, “Application of a Plasmonic Chip to Biosensor”, 6th International Symposium on Nanomedicine, Kunibiki Messe(島根)2012/11
  18. K. Tawa「プラズモニックチップを用いた増強蛍光法のバイオセンサーへの応用」神戸大学界面化学センター講演会, 神戸、2012/11
  19. Keiko Tawa, “Application of a Plasmonic chip to Biosensing and Bioimaging”, ANNA-AIST International Seminar on Applications of Light and Nanomaterials for the Innovation of Light and Nanomaterials, Osaka, 千里ライフサイエンスセンター、2012/10
  20. K. Tawa “プラズモニックチップのバイオへの応用”日立返仁会関西地区分科会、大阪(産総研関西センター)、2012/9
  21. Keiko Tawa, “Sensitive Bio-Marker Detection with a Plasmonic Chip”, International symposium on surface science (ISSS6), Tokyo, 船堀タワーホール, 2011/12.
  22. Keiko Tawa, “Sensitive Bio-Marker Detection on a Plasmonic Chip” Winptech2011, Kobe university, Kobe, 2011/12.
  23. Keiko Tawa, “Bio-Marker Detection with an Enhanced Fluorescence on a Plasmonic Chip” 15th International Conference on Thin Films (ICTF-15), Kyoto, 2011/11.
  24. K. Tawa「表面プラズモン共鳴励起増強蛍光によるバイオセンシング」、高分子学会 関西支部 高分子サロン、大阪、2011/10.
  25. Keiko Tawa, Mitsuo Umetsu, and Izumi Kumagai “Rapid and Sensitive Detection of Bio-Markers on the Plasmonic Chip”, IUPAC2011国際分析科学会議(ICAS2011), Kyoto, 2011/5.
  26. Keiko Tawa, Mitsuo Umetsu, Takamitsu Hattori, Izumi Kumagai, “Sensitive and rapid detection of antigens on the plasmonic substrate with bispecific antibodies against antigen and ZnO surface” 20th MRS-Japan Academic Symposium, Yokohama, 2010/12.
  27. Keiko Tawa, Mitsuo Umetsu, Takamitsu Hattori, Izumi Kumagai, “10pM-antigens detection on the plasmonic substrate with bispecific antibodies against antigen and ZnO surface”, Pacifichem 2010, Honolulu, Hawaii, USA, 2010/12.
  28. K. Tawa,「プラズモニックチップ上の増強蛍光を利用した高感度バイオセンシング」,日本分光学会高感度表面・界面部会 第3回シンポジウム,つくば、2010/12.
  29. K. Tawa、M. Umetsu、「東北大-産総研の連携IPインテグレーションによる高感度バイオセンシング技術の開発」、東北大学―産総研 連携公開講演会、秋葉原2010/07.
  30. K. Tawa、「表面プラズモン共鳴励起増強蛍光によるバイオセンシング」、高分子学会10-1高分子基礎物性研究会、大阪 2010/6.

 

口頭・ポスター発表

【2018年度】

    1. “Sensitive observation of spontaneous action potential in neurons on the plasmonic chip”, Wataru Minoshima, Chie Hosokawa, Suguru N. Kudoh and Keiko Tawa, ISOME2018, Sunmesse Tosu (佐賀),2018/5/31-6/2.
    2. “Fluorescence characteristics of ZnS-AgInS2 (ZAIS) nanoparticles on the bull`s eye plamonic chip”, Wataru Minoshima, Eri Nakamura, Keiko Tawa,Takayuki Takiyama, Tatsuya Kameyama, Tsukasa Torimoto, 3rd Workshop on Photo-active materials with Cooperative and Synergetic Responses – Nanosynergetics, International Associated Laboratory (LIA) between France and Japan, 阪大Σホール(豊中), 2018/5/21-23.
    3. Crystallization control of the photoresponsible diarylethene film with a plasmonic chip”, K. Tawa, T. Kadoyama, M. Toma, R. Nishimura, K. Uchida, 3rd Workshop on Photo-active materials with Cooperative and Synergetic Responses – Nanosynergetics, International Associated Laboratory (LIA) between France and Japan, 阪大Σホール(豊中), 2018/5/21-23.
    4. (依頼講演)「プラズモニックチイムノセンサーと細胞イメージングへの応用」田和圭子,産総研所ナノ プロセ シング 施設 光・ナノ計測実践セミナーIII、産総研つくば中央(つくば),2018/6/19.
    5. “Two-photon fluorescence microscopy of labeled nanoparticles with the silver plasmonic chip”, Yuki Omura, Mana Toma, Keiko Tawa, EXCON2018, 奈良,2018/7/8-13.
    6. “Optical trapping of quantum dot-conjugated AMPA-type glutamate receptors on neurons cultured on a plasmonic chip”, Yuki Matsubayashi, Shota Izumi, Keiko Tawaa, Suguru N. Kudoh, Chie Hosokawa, EXCON2018, 奈良,2018/7/8-13.
    7. “Metal nanodome arrays for colorimetric plasmonic biosensor”, M. Toma, K. Tawa, EXCON2018, 奈良,2018/7/8-13.
    8. 「プラズモニックチップ上で培養した神経細胞における活動電位の高速・高感度顕微鏡イメージング」箕嶋渉、細川千絵、工藤卓、田和圭子、第41回日本神経科学大会、神戸国際会議場(神戸)2018/7/26-29.
    9. 「プラズモニックチップ上におけるCd フリーZnSAg-InS2 (ZAIS)ナノ粒子の蛍光特性」箕嶋 渉・瀧山 貴之・亀山 達矢・鳥本 司・田和圭子, 光化学討論会、関西学院大(兵庫県西宮市)2018/9/5-7.
    10. 「プラズモニックチップを利用した蛍光標識ナノ粒子の2 光子蛍光検出」, 大村祐貴, 當麻 真奈, 田和 圭子, 光化学討論会、関西学院大(兵庫県西宮市)2018/9/5-7.
    11. ”Application of polydopamine thin films for surface plasmon enhanced fluorescence biosensors”, 當麻 真奈, 田和 圭子, 光化学討論会、関西学院大(兵庫県西宮市)2018/9/5-7.
    12. 「プラズモニックチップ上の増強蛍光による培養神経細胞の自発活動計測」箕嶋渉、細川千絵、工藤卓、田和圭子、日本生物物理学会第56回年会  岡山大学(岡山)2018/9/15-17.
    13. (招待講演)「プラズモニックチップを用いた増強蛍光バイオイメージング」田和圭子、応用物理学会秋季学術講演会、S14 ナノバイオ・ナノ医療に向かう技術イノベーション ~材料、デバイスから計測まで~シンポジウム、名古屋国際会議場(名古屋)2018/9/18-21.
    14. 「プラズモニック呈色膜の比色型イムノアッセイへの応用」當麻真奈、田和圭子、応用物理学会秋季学術講演会、名古屋国際会議場(名古屋)2018/9/18-21.
    15. 「プラズモニックチップを用いた半導体ナノ粒子の光捕捉」松林 佑基,田和 圭子,工藤 卓,細川 千絵, 応用物理学会秋季学術講演会、名古屋国際会議場(名古屋)2018/9/18-21.
    16. 「プラズモニックディッシュ上のDi-4-ANEPPSの増強蛍光を用いた神経自発活動のリアルタイム計測」箕嶋渉、細川千絵、工藤卓、田和圭子、応用物理学会秋季学術講演会、名古屋国際会議場(名古屋)2018/9/18-21.

 

【2017年度】

      1. 「アルミニウムプラズモニックチップ上に調製したジアリールエテン薄膜の結晶化過程のin situ顕微鏡観察」, 加登山太河, 西村涼, 當麻真奈 , 内田欣吾, 田和圭子, 新学術領域「高次複合光応答」第2回領域会議、阪大(豊中)、2017/5/19-20.
      2. (依頼講演)田和圭子「プラズモニックチップを用いた高感度バイオセンシングと細胞イメージング」分析化学討論会, 龍谷大学深草学舎(京都)2017/5/27-28.
      3. 「分子インプリントポリマー修飾格子結合型プラズモニックチップによるタンパク質の表面プラズモン励起増強蛍光センシング」、松浦亮、高野恵里、砂山博文、北山雄己哉、田和圭子、竹内俊文、化学とマイクロ・ナノシステム学会第35回研究会、東京工業大学大岡山キャンパス、2017/5/22-23.
      4. ”Two-Color Fluorescent Microscopic Observation of Breast Cancer Cells on the Bull’s Eye-Plasmonic Chip”
        Shota Izumi, Shohei Yamamura, Naoko Hayashi, Mana Toma, Keiko Tawa, International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9), クラウンプラザ金沢(金沢), 2017/6-26-28.
      5. ”Thickness dependence of polydopamine thin films on the detection sensitivity of surface plasmon enhanced fluorescence biosensors” Mana Toma, Keiko Tawa, International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9), クラウンプラザ金沢(金沢), 2017/6-26-28.
      6. “Surface Plasmon Resonance based Optical Trapping of Neurotransmitter Receptors on Neurons cultured on a Plasmonic Chip”
        Yuki Matsubayashi, Shota Izumi, Keiko Tawa, Suguru N. Kudoh, Chie Hosokawa, International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9), クラウンプラザ金沢(金沢), 2017/6-26-28.
      7. 「プラズモニックチップを用いた神経細胞表面に局在するAMPA 受容体分子の光捕捉」 松林 佑基、泉 章太、田和 圭子、 工藤 卓、細川 千絵,  平成29年 電気学会 電子・情報・システム部門大会,   サンポートホール高松, 2017/9/6-9.
      8. 「アルミニウムプラズモニックチップ上に調製されたジアリールエテン薄膜の光応答in situ イメージング」加登山 太河, 西村 涼, 當麻 真奈, 内田 欣吾, 田和 圭子,  光化学討論会、東北大学青葉山キャンパス(仙台),  2017/9/4-6.
      9. 「アモルファス・ジアリールエテン膜の結晶化における自由表面の影響」松田 祐佳・田和 圭子・横島 智・内田 欣吾・辻岡 強,  光化学討論会、東北大学青葉山キャンパス(仙台)2017/9/4-6.
      10. 「Bull’s eye型プラズモニックチップの中心構造に依存した増強蛍光強度分布」泉 章太、箕嶋 渉、當麻 真奈、田和 圭子、応用物理秋季学術講演会、福岡国際会議場(福岡)、2017/9/5-8.
      11. 「Bull’s Eyeプラズモニックチップによる培養神経回路網の膜電位蛍光イメージング」箕嶋 渉、泉 章太、細川 千絵、工藤 卓、田和 圭子,  応用物理秋季学術講演会、福岡国際会議場(福岡)、2017/9/5-8.
      12. “Sensitive Voltage Sensitive Dye Imaging in Living Neuronal Network on Bull’s eye-Plasmonic Chips” Wataru Minoshima, Shota Izumi , Chie Hosokawa, Suguru N. Kudoh, Keiko Tawa, MNC2017, Jeju island (Korea),  2017/11/6-9.
      13. 「プラズモニックチップによる増強蛍光を利用した神経回路膜電位の顕微鏡イメージング」, 箕嶋 渉、泉 章太、細川 千絵、工藤 卓、田和 圭子、応用物理学会関西支部2017年第二回講演会、京都大学桂キャンパス、2017/11/17.
      14. 「Bull’s Eye構造のプラズモニックチップ上における多重染色された乳癌細胞の蛍光顕微鏡観察」泉 章太, 山村 昌平, 林 尚子, 當麻 真奈, 田和 圭子応用物理学会関西支部2017年第二回講演会、京都大学桂キャンパス、2017/11/17.
      15. (招待講演) 「プラズモニックチップによる高感度蛍光イメージング」田和圭子、産総研バイオメディカル研究部門セミナー、産業技術総合研究所関西センター(大阪府池田市)、2017/11/24.
      16. 「Fabrication of multiple structural colors by using plasmonic nanodome arrays」Mana Toma, Keiko Tawa, MRS-J、横浜、2017/12/5-7.
      17. “Sensitive Action Potential Imaging in Cultured Neuronal Network on the Plasmonic-chip”, W. Minoshima, S. Izumi, C. Hosokawa, Suguru N. Kudoh, and K. Tawa,  International Symposium on Nanomedicine 2017 (ISNM2017), Sendai, 2017/12/13 -15.
      18. (Invited) “Application of a Plasmonic Chip to an Immunosensor and Fluorescence Bioimaging”, K. Tawa, International Symposium on Nanomedicine 2017 (ISNM2017), Sendai, 2017/12/13-15.
      19. 「Bull’s eye構造のプラズモニックチップにおける中心構造と増強電場の関係」泉章太、當麻真奈、田和圭子, 電気学会:マグネティックス/光・量子デバイス/フィジカルセンサ/マイクロマシン・センサシステム/バイオ・マイクロシステム合同研究会, 姫路・西はりま地場産業センター(兵庫県姫路市),  2017/12/14-15.
      20. 「アルミニウムプラズモニックチップで促進したジアリールエテン薄膜の光異性化と針状結晶成長過程のin situ顕微イメージング」 加登山太河、西村涼、當麻真奈、内田欣吾, 田和圭子,  電気学会:マグネティックス/光・量子デバイス/フィジカルセンサ/マイクロマシン・センサシステム/バイオ・マイクロシステム合同研究会,  姫路・西はりま地場産業センター(兵庫県姫路市),  2017/12/14-15.
      21. 「プラズモニックチップ上に培養した神経回路における膜電位の高速・高感度顕微鏡イメージング」箕嶋 渉、泉 章太、細川 千絵、工藤 卓、田和 圭子、新学術領域「光圧によるナノ物質操作と秩序の創生」第2回公開シンポジウム、 大阪大学豊中キャンパス , 2018/1/22-23
      22. 「プラズモニックチップを用いた神経伝達物質受容体の光捕捉」松林 佑基、泉 章太、田和 圭子、工藤 卓、細川 千絵、新学術領域「光圧によるナノ物質操作と秩序の創生」第2回公開シンポジウム、 大阪大学豊中キャンパス , 2018/1/22-23
      23. 「プラズモニックチップによるジアリールエテン薄膜の光異異性化の促進と針状結晶成長の制御」、加登 太河, ⻄村 涼, 大村 祐貴, 當⿇ 真奈, 内⽥ 欣吾, 田和 圭子、新学術領域「高次複合光応答」第6回公開シンポジウム 大阪大学豊中キャンパス, 2018/1/26-27
      24. 「プラズモニックチップによるジアリールエテン結晶化制御」田和 圭子、新学術領域「高次複合光応答」第6回公開シンポジウム 大阪大学豊中キャンパス, 2018/1/26-27
      25. 「プラズモニックチップによる蛍光標識ナノ粒子の2光子励起蛍光の観察」大村 祐貴、當麻 真奈、田和 圭子、応用物理学会平成29年度関西支部第3回講演会 大阪大学中ノ島キャンパス 2018/2/23
      26. 「金属ナノドームアレイを用いた比色型バイオセンサの開発」 當麻 真奈、田和 圭子、応用物理学会春季学術講演会 早稲田大学(東京)2018/3/17-20
      27. 「プラズモニックチップを用いた高感度蛍光検出のための光学配置の検討」田和圭子、角谷真詩、中村恵理、応用物理学会春季学術講演会 早稲田大学(東京)2018/3/17-20
      28. プラズモニックチップ上における神経自発活動の高感度蛍光イメージング」箕嶋 渉、泉 章太、細川 千絵、工藤 卓、田和 圭子、応用物理学会春季学術講演会 早稲田大学(東京)2018/3/17-20
      29. 「プラズモニックチップ上で培養した神経細胞表面AMPA受容体の光捕捉 」松林 佑基、泉 章太、田和 圭子、工藤 卓、細川 千絵、応用物理学会春季学術講演会 早稲田大学(東京)2018/3/17-20
      30. 「ポリドーパミン被覆プラズモニックチップを用いた神経特異エノラーゼの高感度検出 」當麻 真奈、泉 章太、田和 圭子、日本化学会春季年会、日大船橋(千葉)、2018/3/20-23.
      31. 「プラズモニックチップによるジアリールエテン光異性化の促進と針状結晶成長制御」加登山 太河、西村 涼、當麻 真奈、内田 欣吾、田和 圭子、日本化学会春季年会、日大船橋(千葉)、2018/3/20-23.
      32. 「ボトムアッププロセスを活用したプラズモニックバイオセンサの開発」當麻真奈、田和圭子、電気学会C部門 光・量子デバイス研究会 微細加工技術とバイオ・メディカル応用、イーグレひめじ(兵庫県)、2018年3月28日

 

【2016年度】

      1. “Sensitive Immunosensor with a Plasmonic Chip Providing the Enhanced Fluorescence”, Keiko Tawa, Masashi Sumiya, Chisato Sasakawa, Takuma Sujino, Hikaru Nakazawa, Mitsuo Umetsu, 26th IUPAC International symposium on photochemistry, 大阪市中央公会堂(大阪)、2016/04/04-08.
      2. “In-Situ Microspectroscopic Imaging for Photoisomerization and Crystallization of Diarylethene Film with Upright-Inverted Microscope”, Taiga Kadoyama, Ryo Nishimura, Mana Toma, Kingo Uchida, Keiko Tawa, 26th IUPAC International symposium on photochemistry, 大阪市中央公会堂(大阪)、2016/04/04-08.
      3. 「ジアリールエテン薄膜の光異性化および結晶化過程の正倒立顕微分光イメージング」田和圭子・加登山太河・當麻真奈、龍谷大理工 西村涼・内田欣吾、高分子学会年次大会、神戸国際会議場(神戸)、2016/05/25-27.
      4. 「格子結合型表面プラズモン励起増強蛍光を用いた分子インプリントンプリントポリマーによるタンパク質センシング」松浦 亮・高野 恵里・田和 圭子・砂山 博文・北山 雄己哉・竹内 俊文、高分子学会年次大会、神戸国際会議場(神戸)、2016/05/25-27.
      5. “Control of an Interface Structure of Photoresponsive Film on a Plasmonic Chip”, Keiko Tawa, Taiga Kadoyama, Mana Toma, Kingo Uchida, Ryo Nishimura, 1st International Symposium on Photosynergetics, Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (2014-2018), MEXT, Japan, Osaka, 2016/06/02-04.
      6. “In-situ Microspectroscopic Imaging for Photoisomerization of Diarylethene Film Promoted on the Aluminium Plasmonic Chip” Taiga Kadoyama, Mana Toma, Keiko Tawa, Ryo Nishimura, Kingo Uchida, 1st International Symposium on Photosynergetics, Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (2014-2018), MEXT, Japan, Osaka, 2016/06/02-04.
      7. 「光応答性分子の光異性化と結晶化のin situ顕微鏡観察」加登山太河、西村涼、當麻真奈、内田欣吾、田和圭子, 応用物理学会2016年度第一回関西支部講演会, 産総研関西センター(池田)2016/ 6/17.
      8. 回折格子結合型表面プラズモン共鳴励起増強蛍光分光(GC-SPFS)を用いた肝細胞癌マーカー(AFP)の免疫測定系の開発」永江 剛典、彼谷 高敏、中村 幸登、野崎 昭俊、井出 陽一、石田 賢治、田和 圭子, 2016年光学シンポジウム, 東京大学, 2016/06/23-24
      9. “Fluorescence sensing of proteins using surface plasmon excitation enhancing chips grafted by artificial polymeric receptors”, Ryo Matsuura, Yukiya Kitayama, Keiko Tawa, Toshifumi Takeuchi, The 9th International Conference on Molecular Imprinting (MIP2016), Lund, Sweden, 2016/06/29.
      10. 「分子インプリントポリマーを認識素子とするタンパク質の格子結合型表面プラズモン 励起増強蛍光検出」松浦 亮・ 高野 恵里・ 砂山 博文・ 北山 雄己哉・ 田和 圭子・竹内 俊文、日本分析化学会 第65年会 北海道大学、2016/09/14-16.
      11. “Improvement of single-nanoparticle fluorescence image on Bull’s eye-plasmonic chip”, S. Izumi, C. Hosokawa, M. Toma, K. Tawa, The 14th International Conference of Near-Field Optics, Nanophotonics and Related Techniques (NFO-14), Hamamatsu, JAPAN, 2016/09/4-8.
      12. “Multicolor Fluorescence imaging of living tumor cells with the plasmonic chip” K. Tawa, C. Sasakawa, I.Shibata, S. Yamamura, and M. Kataoka, The 14th International Conference of Near-Field Optics, Nanophotonics and Related Techniques (NFO-14), Hamamatsu, JAPAN, 2016/09/4-8.
      13. 「顕微鏡の照射角制御によって最適化されたプラズモニックチップ上の ナノ粒子の蛍光増強度」泉 章太,當麻 真奈,細川 千絵,田和 圭子, 朱鷺メッセ(新潟), 応用物理学会秋季学術講演会2016/ 9/13-16.
      14. ”Microscopic observation of enhanced fluorescence with Bull’s eye-plasmonic chip”, Shota Izumi, Chie Hosokawa, Mana Toma, Keiko Tawa. KJF-ICOMEP 2016, アクロス福岡, 2016/9/4-7.
      15. ”Diarylethene Film on the Aluminium Plasmonic Chip”, Taiga Kadoyama, Ryo Nishimura, Mana Toma, Kingo Uchida, Keiko Tawa. KJF-ICOMEP 2016, アクロス福岡, 2016/9/4-7.
      16. “Utilization of polydopamine thin films as protein linker layer for detection of Interleukin-6 by surface plasmonenhanced fluorescence spectroscopy”, Mana Toma and Keiko Tawa. KJF-ICOMEP 2016, アクロス福岡, 2016/9/4-7.
      17. 「アルミニウムプラズモニックチップで促進されるジアリールエテン膜の光異性化過程の顕微分光イメージング」加登山 太河、西村 涼、當麻 真奈、内田 欣吾、田和圭子, 応用物理学会第2回関西支部講演会、関西学院大学、2016/10/7.
      18. ”Rapid and Sensitive detection of interleukin-6 with a sandwich immunoassay on the plasmonic chip”, K. Tawa, M. Sumiya, C. Sasakawa, T. Sujino, H. Nakazawa, and M. Umetsu, MNC2016, ANAクラウンプラザホテル京都、2016/11/9-11.
      19. ”Application of a Bull’s Eye-plasmonic Chip to Highly Sensitive Biodetection with a Microscop”, Shota Izumi, Mana Toma, Chie Hosokawa, Keiko Tawa, MNC2016, ANAクラウンプラザホテル京都、2016/11/9-11.
      20. ”In-situ microspectroscopic imaging of photoisomerization and crystallization in diarylethene film on the aluminium plasmonic chi”, Taiga Kadoyama, Ryo Nishimura, Mana Toma, Kingo Uchida, Keiko Tawa, 2nd International Conference on Photoalignment & Photopatterning in Soft Materials (PhoSM2016) , 名古屋大学、2016/11/22-27.
      21. (Invited talk)”Application of the Plasmonic Chip to Fluorescence Imaging and Photochemistry of a Diarylethene Film”, K. Tawa, 9th Asian and Oceanian Photochemistry Conference 2016 (APC2016), Nanyang Technological University (Singapore), 2016/12/4-8.
      22. “In-situ Microspectroscopic Imaging for Photoisomerization of Diarylethene film on the Aluminium Plasmonic Chip with Uplight-Inverted Microscope”, Taiga Kadoyama,Ryo Nishimura, Mana Toma, Kingo Uchida, Keiko Tawa*, 9th Asian and Oceanian Photochemistry Conference 2016 (APC2016), Nanyang Technological University (Singapore),  2016/12/4-8.
      23. “Characterization of the Surface Plasmon-Enhanced Fluorescence and Single-Nanoparticle Fluorescence Imaging on the Bull’s Eye-Plasmonic Chip”, Shota Izumi, Mana Toma, Chie Hosokawa, Keiko Tawa, 9th Asian and Oceanian Photochemistry Conference 2016 (APC2016), Nanyang Technological University (Singapore),  2016/12/4-8.
      24. 「プラズモニックチップによる光応答性分子薄膜界面の局所的構造制御」田和圭子, 新学術領域「高次複合光応答」第5回公開シンポジウム、阪大、2017/01/20-21.
      25. 「アルミニウムプラズモニックチップ上に調製されたジアリールエテン薄膜の光応答過程のin situ顕微鏡観察」加登山太河、當麻真奈、田和圭子、西村涼、内田欣吾, 新学術領域「高次複合光応答」第5回公開シンポジウム、ポスター、阪大、2017/01/20-21.
      26. 「プラズモニックチップを用いたナノ粒子の蛍光観察」伊藤 竜也, 泉 章太, 亀山 達矢, 鳥本 司, 田和 圭子、応用物理学会第3回関西支部講演会、大阪、2017/02/24
      27. 「Bull’s Eye構造のプラズモニックチップ上における多重染色された乳癌細胞の蛍光顕微鏡観察」泉 章太, 山村 昌平, 林 尚子, 當麻 真奈, 田和 圭子、応用物理学会春季学術講演会、横浜、2017/3/14-17.
      28. 「ポリドーパミン修飾プラズモニックチップを用いた神経損傷マーカー(NSE)の高感度検出」當麻真奈、泉章太、田和圭子、応用物理学会春季学術講演会、横浜、2017/3/14-17
      29. 「ポリドーパミン薄膜の表面プラズモン増強蛍光バイオセンサへの応用」當麻真奈、田和圭子、日本化学会年会、慶応大学日吉キャンパス 2017/3/16-19
      30. 「アルミニウムチップ上に調製されたジアリールエテン薄膜の光異性化に伴う結晶化過程のin situ 顕微鏡観察」加登山太河、西村涼、當麻真奈、内田欣吾、田和圭子、日本化学会年会、慶応大学日吉キャンパス 2017/3/16-19.

【2015年度】

      1. “Highly Sensitive Sensing of C-Reactive Protein Using Synthetic Polymer Receptor-Grafted Plasmonic Chips Based on Grating Coupled Surface Plasmon-Field Enhanced Fluorescence” Ryo Matsuura, Yukiya Kitayama, Keiko Tawa, Toshifumi Takeuchi, 4th international conference on Bio-sensing technology, Lisbon (Portugal), 2015/5.
      2. 「プラズモニックディッシュで培養した神経細胞の高感度蛍光イメージング」田和圭子、藤田剛、細川千絵、西井準治、高分子学会年次大会、札幌コンベンションセンター(札幌)、2015 / 5
      3. 「銀 回折格子基板上の高分子ナノ集積体を利用した発光機能」印藤健也、森田晋平、山本 俊介、田和圭子、西井準治、宮下徳治、三ツ石方也、高分子学会年次大会、札幌コンベンションセンター(札幌)、2015 / 5
      4. 「表面修飾材料と生体適合性」田中 睦生、澤口 隆博、平田 芳樹、丹羽 修、田和 圭子、笹川 知里、蔵岡 孝治、高分子学会年次大会、札幌コンベンションセンター(札幌)、2015 / 5
      5. ”Fluorescence imaging of cells on the plasmonic dish integrally molded”, Keiko Tawa, Tsuyoshi Fujita, Chisato Sasakawa, Kazuyuki Kiyosue, Chie Hosokawa, Junji Nishii, Norihiro Kakinuma, Makoto Oike, 有機分子・バイオエレクトロニクス国際会議(M&BE8)、タワーホール船堀(千葉) 2015/ 6
      6. “Multicolor fluorescence microscopic imaging of cancer cells on the plasmonic chip”, Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, Shohei Yamamura, Izumi Shibata, Masatoshi Kataoka, SPIE Optics + Photonics, Nanoscience + Engineering, Plasmonics: San Diego (USA) Convention Center, 2015/8
      7. “Sensitive Fluorescence Imaging of Cells with a Palsmonic Chip”, Keiko TAWA, 2015 KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics, Juju island (Korea), 2015/09 (invited lecture).
      8. “Sensitive single-particle fluorescence imaging with a plasmonic chip”, Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, Chie Hosokawa, 応用物理学会秋季学術講演会、名古屋、 2015/09 (依頼)
      9. 「プラズモニックチップを用いた単一ナノ粒子の光捕捉過程の蛍光解析」, 宮内 康平、田和 圭子、工藤 卓、田口 隆久、細川 千絵, 応用物理学会秋季学術講演会、名古屋国際会議場(名古屋)、 2015/09
      10. “Simple Detection of Interleukin-6 on a ZnO-Coated Plasmonic Chip with a Fluorescence Microscope”, K. Tawa, C. Sasakawa, T. Sujino, M. Umetsu, MNC2015, 富山国際会議場(富山) 2015/11
      11. “Plasmon-Enhanced Optical Trapping of Nanoparticles on a Plasmonic Chip K. Miyauchi”, K. Tawa, S.N. Kudoh, T. Taguchi, C. Hosokawa, MNC2015, 富山国際会議場(富山)2015/11
      12. “Fluorescence imaging of a single nanoparticle on the plasmonic chip”, Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, Chie Hosokawa, Pacifichem2015, Honolulu (Hawaii), 2015/12
      13. “Recombinant small antibody design for plasmonic biosensor using camel antibody with affinity for target inorganic material”, Takuma Sujino, Hikaru Nakazawa, Keiko Tawa, Ryutaro Asano, Izumi Kumagai, Mitsuo Umetsu, Pacifichem2015, Honolulu (Hawaii), 2015/12
      14. 「プラズモニックチップによる光応答性分子薄膜界面の局所的構造制御」田和圭子, 新学術領域「高次複合光応答」 第3回公開シンポジウム 阪大 2016/01
      15. 「プラズモニックチップによる光応答性分子薄膜界面の局所的構造制御」田和圭子、加登山太河、當麻真奈、西村涼、内田欣吾, 新学術領域「高次複合光応答」 第3回公開シンポジウム ポスター 阪大 2016/01
      16. 「ジアリールエテン薄膜の光異性化と結晶化のin situ顕微分光イメージング」加登山太河、當麻真奈、田和圭子、西村涼、内田欣吾, 新学術領域「高次複合光応答」 第3回公開シンポジウム ポスター 阪大 2016/01
      17. 「酸化亜鉛プラズモニックチップを用いたサンドイッチ型高感度イムノセンシング」田和圭子、角谷真詩、笹川知里、筋野拓馬、中澤光、梅津光央, 応用物理学会春季学術講演会 東工大、2016/03
      18. 「ポリドーパミン薄膜の表面プラズモン増強蛍光バイオセンサのタンパク質接着層への応用」當麻真奈、田和圭子, 応用物理学会春季学術講演会 東工大、2016/03
      19. 「分子インプリントポリマー修飾プラズモニックチップによるα-Fetoproteinの高感度プラズモニックセンシング」松浦亮, 高野恵里, 田和圭子, 砂山博文, 北山雄己哉, 竹内俊文, 応用物理学会春季学術講演会 東工大、2016/03
      20. 「アルミニウムチップ上に調製したジアリールエテン薄膜における光異性化と結晶化のin-situ顕微分光イメージング」加登山 太河、西村 涼、當麻 真奈、内田 欣吾、田和 圭子, 応用物理学会春季学術講演会 東工大、2016/03
      21. 「Bull’s eye構造のプラズモニックチップを用いた蛍光標識ナノ粒子の蛍光顕微鏡観察」泉章太、細川千絵、當麻真奈、田和圭子, 応用物理学会春季学術講演会 東工大、2016/03

 

【2014年度】

        1. 背面照射系プラズモニックチップを用いた高感度蛍光検出 ―Ag薄膜及びSiO2薄膜の膜厚の検討― 中山 拓哉、金高 健二、田和 圭子、応用物理学会春季学術講演会、東海大、2015/3
        2. 回折格子結合型表面プラズモン共鳴励起増強蛍光分光(GC-SPFS)を用いた肝細胞癌マーカー(AFP)の免疫測定系の開発 永江 剛典、彼谷 高敏、中村 幸登、野崎 昭俊、井出 陽一、石田 賢治、須田 美彦、田和 圭子、応用物理学会春季学術講演会、東海大、2015/3
        3. 特異的高分子リガンド修飾プラズモニックチップを用いたC反応性タンパク質の高感度蛍光検出 松浦 亮、北山 雄己哉、田和 圭子、竹内 俊文、応用物理学会春季学術講演会、東海大、2015/3
        4. プラズモニックチップ上で培養した神経細胞接着分子の光捕捉 細川 千絵、宮内 康平、工藤 卓、田口 隆久、田和 圭子、応用物理学会春季学術講演会、東海大、2015/3
        5. 周期構造素子の作製と蛍光増強への応用 西井準治、田和圭子、2015年電子情報通信学会総合大会、草津、2015/3
        6. Light Propagation Properties Using Polymer Nano-Assemblies on Metal Grating Surface,印藤 健也、森田 晋平、山本俊介、田和 圭子、西井準治、宮下徳治、三ツ石方也,IPC2014,つくば国際会議場、2014/12
        7. Sensitive and Multi Bio-detection with a Plasmonic Chip by the Surface Plasmon-field Enhanced Fluorescence Imaging ,田和 圭子、常安 将央、笹川 知里、鳴石 奈穂子、吉田 康一,ISSS7,島根、2014/11
        8. Multicolor fluorescence microscopic imaging of tumor cells enhanced with the plasmonic chip ,田和 圭子、笹川 知里、芝田 いずみ、山村 昌平、片岡 正俊,MNC2014,福岡、2014/11
        9. Silver-film thickness dependence of the fluorescence enhancement factor under the back-side irradiation for a plasmonic chip ,中山 拓哉、田和 圭子、金高 健二,MNC2014,福岡、2014/11
        10. High-contrast fluorescence imaging on a plasmonic chip with the transmitted light fluorescence microscope,藤田 剛、細川 千絵、西井準冶、柿沼憲宏、尾池真、田和 圭子,MNC2014,福岡、2014/11
        11. プラズモニックチップのバイオ計測への応用  ―高感度イムノセンサーと高感度蛍光イメージンングシステム の開発― ,田和 圭子,産総研関西本格研究WS,大阪科学技術センター、2014/10
        12. 一次元銀回折格子上の高分子ナノ集積体の発光特性,印藤 健也、森田 晋平、山本俊介、田和 圭子、西井準治、宮下徳治、三ツ石方也, CSJ化学フェスタ2014,タワーホール船堀、2014/10
        13. 表面プラズモン励起増強チップに最適な検出抗体のスマート設計,筋野 拓馬、笹川 知里、中澤光、田和 圭子、浅野竜太郎、熊谷泉、梅津光央、第8回バイオ関連化学シンポジウム,岡山大学、2014/9
        14. プラズモニックチップを用いた細胞の高感度マルチカラー蛍光顕微鏡観察,田和 圭子、笹川 知里、山村 昌平、片岡 正俊,高分子討論会,長崎大学、2014/09
        15. 一次元金属回折格子上での高分子ナノ集積体中の光の伝搬特性,印藤 健也、森田 晋平、山本俊介、田和 圭子、西井準治、宮下徳治、三ツ石方也, 応用物理学会秋季学術講演会,北海道、2014/9
        16. プラズモニックチップにおける背面照射での金属薄膜の膜厚と蛍光増強度との関係,中山 拓哉、田和 圭子、金高 健二,応用物理学会秋季学術講演会,北海道大学、2014/09
        17. 特異的リガンド含有ポマー薄膜構築チップを用いたC-Reactive Proteinの高感度プラズモニックセンシング,松浦 亮、北山  雄己哉、田和 圭子、竹内 俊文,応用物理学会秋季学術講演会,北海道大学、2014/09
        18. プラズモニックチップによる癌細胞のマルチカラー蛍光顕微鏡観察,田和 圭子、笹川 知里、山村 昌平、片岡 正俊,応用物理学会秋季学術講演会,北海道大学、2014/09
        19. 無機基板表面を標的としたラクダ抗体から着想するスマートなバイオセンサー仕様抗体の設計,筋野 拓馬、中澤光、田和 圭子、浅野竜太郎、熊谷泉、梅津光央, 日本生物物理学会年会,北海道大学、2014/09
        20. Sensitive detection of α-fetoprotein (AFP) with the enhanced fluorescence on the plasmonic chip,田和 圭子、近藤 房宣、永江剛典、中村幸登、彼谷隆敏,IUMRS-ICA2014,福岡、2014/08
        21. Bright fluorescence imaging of cells cultured on the plasmonic dish,田和 圭子、藤田 剛、安井力、清末 和之、細川 千絵、笹川 知里、青田浩幸、柿沼憲宏、尾池真、西井準治, the 248th ACS National Meeting,Sanfransisco, USA、2014/08
        22. Convenient antibody design for plasmonic biosensor using camel antibody with affinity for target inorganic material,筋野 拓馬、中澤光、田和 圭子、浅野竜太郎、熊谷泉、梅津光央,ACS National Meeting,Sanfransisco, USA、2014/08
        23. 無機基板を抗原としたラクダ抗体から発想するバイオセンサー指向二重特異性抗体の設計,筋野 拓馬、中澤光、田和 圭子、浅野竜太郎、熊谷泉、梅津光央,生体機能関連化学部会若手の会サマースクール,蔵王、2014/7
        24. 無機基板を抗原としたラクダ抗体から発想するバイオセンサー指向インターフェイス設計,筋野 拓馬、中澤光、田和 圭子、浅野竜太郎、熊谷泉、梅津光央,蛋白質科学会年会,横浜、2014/6
        25. 表面プラズモン共鳴効果を利用した神経細胞接着分子の光捕捉,宮内 康平、田和 圭子、工藤 卓、田口 隆久、細川 千絵,ナノ学会第12回大会,京都大学宇治キャンパス、2014/05
        26. 金属回折格子上での高分子ナノ集積体の光伝搬特性,印藤 健也、森田 晋平、山本俊介、田和 圭子、西井準治、宮下徳治、三ツ石方也,高分子学会年次大会,名古屋、2014/05
        27. 一体成形加工したプラズモニックディッシュ上で培養した神経細胞の蛍光顕微鏡イメージング,藤田 剛、細川 千絵、西井準冶、柿沼憲宏、尾池真、田和 圭子,高分子学会年次大会,名古屋、2014/5
        28. 一体成形加工したプラズモニックディッシュ上で培養した細胞の蛍光顕微鏡観察,田和 圭子、清末 和之、笹川 知里、柿沼憲宏、尾池真,高分子学会年次大会,名古屋、2014/5

 

※リンク先で「研究活動」を選択してください。

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.