2015年の学会発表

カテゴリ:お知らせ 

2016年3月30日

<応用物理学会春季学術講演会>

3月19-22日
応用物理学会春季学術講演会が東工大大岡山キャンパスで開催されました。
◆「ポリドーパミン薄膜の表面プラズモン増強蛍光バイオセンサのタンパク質接着層への応用」當麻真奈、田和圭子
◆「酸化亜鉛プラズモニックチップを用いたサンドイッチ型高感度イムノセンシング」田和圭子、角谷真詩、笹川知里、筋野拓馬、中澤光、梅津光央
◆「Bull’s eye構造のプラズモニックチップを用いた蛍光標識ナノ粒子の蛍光顕微鏡観察」泉章太、細川千絵、當麻真奈、田和圭子
◆「アルミニウムチップ上に調製したジアリールエテン薄膜における光異性化と結晶化のin-situ顕微分光イメージング」加登山 太河、西村 涼、當麻 真奈、内田 欣吾、田和 圭子
 
4年生の学会デビューとなりました。2人とも良い口頭発表でした。
DSC_0588
 
 
 
 
 
 
 
 
共同研究による神戸大竹内研松浦さんの発表もありました。
◆「分子インプリントポリマー修飾プラズモニックチップによるα-Fetoproteinの高感度プラズモニックセンシング」松浦亮, 高野恵里, 田和圭子, 砂山博文, 北山雄己哉, 竹内俊文

 

<Pacifichem2015>

12月15-20日
国際会議Pacifichem2015がホノルルで開催されました。Challenges in Plasmonic Photochemistry (#176)でポスター発表をしました。
・”Fluorescence imaging of a single nanoparticle on the plasmonic chip”,
K. Tawa, C. Sasakawa, C.Hosokawa
 
共同研究による以下のポスター発表もありました。
・”Recombinant small antibody design for plasmonic biosensor using camel antibody with affinity for target inorganic material”, T. Sujino, H. Nakazawa, K. Tawa, R. Asano, I. Kumagai, M. Umetsu
 

<MNC2015 (28th International Microprocesses and Nanotechnology Conference)>

11月10-13日
富山国際会議場で国際会議MNC2015が開催されました。田和がセクションヘッドをつとめるBioMEMS, Lab on a Chipのセッションで口頭発表をしました。
・”Simple Detection of Interleukin-6 on a ZnO-Coated Plasmonic Chip with a Fluorescence Microscope”,
K. Tawa, C. Sasakawa, T. Sujino and M. Umetsu.
 
共同研究による以下のポスター発表もありました。
・”Plasmon-Enhanced Optical Trapping of Nanoparticles on a Plasmonic Chip”, K. Miyauchi, K. Tawa, S.N. Kudoh, T. Taguchi, C. Hosokawa.

 

<応用物理学会秋季学術講演会>

9月13-16日
名古屋国際会議場で応用物理学会秋季学術講演会が開催され、Asian Joint Symposium on Nanobiotechnologyというシンポジウムで発表をしました。

・“Sensitive single-particle fluorescence imaging with a plasmonic chip”, Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, Chie Hosokawa.
 
共同研究による以下の口頭発表もありました。
・「プラズモニックチップを用いた単一ナノ粒子の光捕捉過程の蛍光解析」, 宮内 康平、田和 圭子、工藤 卓、田口 隆久、細川 千絵
 

<2015 KJF>

9月7-9日
韓国の済州島で2015 KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonicsが開催され、招待講演をしました。

・“Sensitive Fluorescence Imaging of Cells with a Palsmonic Chip”, Keiko Tawa.
 

<SPIE Optics + Photonics>

8月9-13日
USA, San DiegoでSPIE Optics + Photonicsが開催され、Nanoscience + Engineering, Plasmonics:のセッションで発表をしました。

・“Multicolor fluorescence microscopic imaging of cancer cells on the plasmonic chip” Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, Shohei Yamamura, Izumi Shibata, Masatoshi Kataoka.
 

<M&BE8>

6月22-24日
東京のタワーホール船堀で有機分子・バイオエレクトロニクス国際会議(M&BE)8が開催され、以下の発表をしました。

・”Fluorescence imaging of cells on the plasmonic dish integrally molded”
Keiko Tawa, Tsuyoshi Fujita, Chisato Sasakawa, Kazuyuki Kiyosue, Chie Hosokawa, Junji Nishii, Norihiro Kakinuma, Makoto Oike.
 

<高分子学会年次大会>

5月27-29日
北海道の札幌コンベンションセンターで以下を発表しました。

・「プラズモニックディッシュで培養した神経細胞の高感度蛍光イメージング」
産総研・関学 ○田和圭子・藤田剛・細川千絵、北大RIES 西井準治

 

共同研究の先生による以下の発表もありました。

・「銀 回折格子基板上の高分子ナノ集積体を利用した発光機能」東北大 印藤健也・森田晋平・山本 俊介、産総研 田和圭子、北大 西井準治、東北大 宮下徳治・三ツ石方也

・「表面修飾材料と生体適合性」産総研 田中 睦生・澤口 隆博・平田 芳樹・丹羽 修・田和 圭子・笹川 知里、神戸大 蔵岡 孝治

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.